耐震基準適合証明書、フラット35適合証明書、増改築等工事証明書の発行は弊社にご依頼下さい!!

フラット35適合証明書発行

フラット35適合証明書発行

フラット35適合証明書

  • 適合証明技術者が実施する適合証明業務は、住宅金融支援機構が行うフラット35(中古住宅)、財形住宅融資(中古住宅)、リフォーム融資等を利用予定の住宅について、申請者の依頼に基づいて、物件検査(書類審査及び現地調査)を行い、住宅金融支援機構の定める技術基準に適合性を確認する業務です。
  • 物件検査の結果、融資利用予定の住宅が技術基準に適合することが確認された場合には、申請者に対して「適合証明書」を交付します。
  • 既存住宅購入者により有利なローン制度をご利用いただけます。

[check]リンクをしていますクリックしてください!!
住宅金融支援機構

フラット35適合証明書発行までの流れ

1.事前申込・書類提出

2.書類審査

3.現地調査・取得可能通知

4.証明書発行・お振込み

 1から2、事前相談、書類審査までは無料です。それらは全て建物査証(BuildingVISA)の費用負担で実行を致します。

 原則はフラット35適合証明書取得が可能となった場合のみに、費用請求が発生する100%成功報酬方式です。事前の申告書類に錯誤がなければ、売主さんと元付仲介業者さん、買主さんと客付仲介業者さん、どなたがご依頼者であっても、ご依頼者にフラット35適合証明書が発行されない場合の費用負担はありません。

 但し、現地調査の結果が発行可能となっているのにも関わらず、申請者の都合によりキャンセルする場合は、費用の全額を請求させていただきます。

 また、ご依頼者の事前申告内容に基づき現地調査を行った結果、[現地の事実状況]が申告と異なり、ご依頼者の錯誤により発行不能となった場合は、発行費用の半金を請求させていただきます。

フラット35適合証明書 発行費用

         フラット35 フラット35S浴室テスリ工事費
新耐震マンション30,000円40,000円30,000円
旧耐震マンション50,000円60,000円30,000円
新耐震戸建60,000円60,000円30,000円
準耐火構造でない新耐震木造戸建80,000円80,000円30,000円

(※税別)

別途交通費

  • 弊社事務所より、Google Mapの「車ルートの最短距離」で計測しまして、片道50km以上の現地物件調査につきましては、別途交通費5千円(税別)がかかります。
  • 片道50kmを超え10km加算されるごとに1千円(税別)の追加交通費がかかります。

                     

フラット35適合証明書発行のお申し込み

必要書類は下記「フラット35適合証明書 発行依頼書」をご確認ください

メールでのお申し込みはこちら

非準耐火構造物のメールでのお申し込みはこちら

現地調査の申請はこちら
※記入例を除く全ページ(全2枚)をメールでお送りください。

Q&A お読み頂けましたらフラット35適合証明書のご理解にお役に立てると思います。

  • Q1新築時に「フラット35」を利用した住宅を既存住宅として購入する場合は?
      • 新築住宅と既存住宅の技術基準が異なるため、新築時に「フラット35」を利用した住宅であっても、既存住宅として「フラット35」を利用する場合は、劣化状況などの既存住宅の技術基準に適合することが必要で、物件調査の手続きは省略できません。但し、築10年以内で、新築時にフラット35を利用した住宅については、フラット35適合証明書を省略することができます。
  • Q2通常のフラット35とフラット35Sとの違いは?
      • フラット35Sの場合は、①「中古タイプ基準(金利Bタイプ)」、②「優良な住宅基準(金利Bタイプ)」、③「特に優良な住宅基準(金利Aタイプ)」の3基準あります。既存住宅流通のほとんどを占める①「中古タイプ基準(金利Bタイプ)」は、当初5年間の金利が0.25%優遇されます。
        ※②「優良な住宅基準(金利Bタイプ)」、③「特に優良な住宅基準(金利Aタイプ)」のフラット35Sは、指定建築確認機関や登録住宅性能評価機関でなければ対応できません。そのため、弊社では取扱いできません。但し、②と③のフラット35Sの既存住宅流通に占めるシェアは数%の一桁台だと推測されています。
  • Q3建物の内見は必要ですか?
      • マンションの「フラット35(S無し)のみ」内見が必要ありません。それ以外は、すべて内見が必要となります。木造や鉄骨戸建の場合は、床下・小屋裏点検口からの調査が必要となります。
  • Q12フラット35S「中古タイプ基準(金利Bタイプ)」の適用条件は何でしょうか?
      • 次の何れかに該当すれば、フラット35S「中古タイプ基準(金利Bタイプ)」対応となります。

        ⅰ.浴室にテスリが設置されているか(戸建の場合、階段も)
        ⅱ.床に段差がないか
        ⅲ.ペアガラスや2重サッシを採用しているか

      • 何れにも合致せず、買主さんがフラット35Sを希望する場合 は、売主の了解を得て引渡し前にテスリ(バリアフリー性)を設置すれば可能です。
  • Q14床面積の要件はありますか?
      • マンションは30㎡、戸建は70㎡以上です。原則的に壁芯面積で車庫部分は除かれます。その他、要件がありますので詳細はお問合せ下さい。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional